ビギナーさん向けの HOW TO 皮膚科選び!!Part②

30才からの本気美容には、スキンケアクリニック

ビギナーさん向けの HOW TO 皮膚科選び!!Part②

前回は 韓国での美容皮膚科選びについて、絶対に外せないポイントを何点か上げました。

私も同じビギーナーです。

実は少し前にプチ整形手術をしようとした時に、ほんとわからないことだらけで、言われるまま施術。。という流れになりそうでした。

相手はプロです。自分の知らない欠点を指摘して下さいます。せっかく美しくなれるなら。。と受けてみたくなり、私もメスを入れることを決めたんです。
iStock_000017681572Small

そしたらどんどん出ててくる施術の提案。「やっぱり、これもしてみたら?」「これも追加したほうが良い、切るのが一回ですむから今回したほうが良い」確かに単にメスを入れるよりプラス施術した方が綺麗に仕上がるのはわかります。

次から次へとされた提案に、しなければいけないという強迫観念も生まれ、果たしてそれが必要かどうか?不安になってきたんですね。

結果的には、一緒に同行してくれた代表も、相手に違和感を感じました。やはり一人で行くより信頼してる友人と行くのも良いかと思います。冷静な判断が出来なくなってしまいますから。

施術前に尻込みしてしまう方も多いそう。私も実はそうでした。時間が無いからと急かされたり。そんな事されると余計に不安になりますよね。

大事なお顔の施術前にせかすなんて…それだけでも、選ぶべきではないと今は言えます。

 

また、整形をされる場合、スタッフの顔もみるべきだと思います。私が行った皮膚科のスタッフは たぶん二重の矯正がうまくいってないせいか、目がカエルのように大きく目開いてました。そんな方を雇うとは、そこの美意識はそういうことなんです。

はたして、メスは入れる必要があるのか???施術台に上る前に、自分のコンプレックスと沢山向き合う時間になりましたが、なんだか愛着が湧いてきたんですね。メスを入れない方法が何かあるんじゃない??とか今まで思ったこと無い考えた浮かびました。

やはり顔もバランスです。メスを入れることにより不自然になってもおかしくないと感じました。

前回も書いたように、やはりリスクは0ということは無いんですね。

大事で安心感を得るために、効果が感じられない、仕上がりのイメージが違う、などのトラブルにどう対処してもらえるかの事前確認ってすごく重要かと。

トラブル対応がとれるクリニックなのかの見定めが大事だと。

誠意の感じられないクリニックなら、別のクリニックへ移動した方が早いと思います。

美容医療は、コンプレックスがすぐに消えてしまうよい部分もあるとは思います。ですが、同時にリスクがあると言う事。江南Beautyではそのような視点を持ちながら、色々な皮膚科を中心としたクリニックのご紹介をして行きたいなと思っております。

韓国で皮膚科を選ぶ時のチェック項目

  1. レーザーでも、注射でも、リスクがあるものがほとんどです。何かあった時にどういう提案があるのか、自分が対処出来る事を確認する。
  2. 日本での協力クリニックがあるという場合は、まず日本側でも話を聞く。
  3. ダウンタイム(施術後、赤くなったり、腫れたりが引く迄の時間)がどれくらいか、何がリスクかをクリニックに確かめて下さい。実際より低リスク、短めに言う傾向があります。
  4. 「日本語話せます」「日本人カウンセラーいます」「日本人専用」の言葉にのせられない。確かに言葉がわかるのは安心ですが、私たちは不安な状況な際、日本語で説明されると安心する傾向があります。クリニックもビジネスなので、カウンセリングでは聞いて、後で冷静に考えましょう。
  5. カウンセリングは必ず受けましょう。また、1件ではなく出来れば2,3件で話を聞きましょう。
  6. 施術をする人が誰か確かめましたか? そこの先生なのか、看護婦さんなのか、他のクリニックから来る先生なのか、またその人の実績写真なども見せてもらいましょう。

※情報掲載につきましては細心の注意を払っておりますが、当サイトの閲覧、ご利用によりユーザー様に生じたトラブルに対して、当運営事務局は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。

ブロガープロフィール

名前:江南Beautyスタッフ

江南Beautyスタッフです。 他にもこんな記事を書いています!

ページの先頭へ▲