皮は捨てないで~意外な健康効果があります!

りんごの皮で便秘を防ぎ、みかんの皮で動脈硬化の予防

innerebeauty

果物を食べるときに皮を捨てて食べてみよう。
きれいに洗って水と一緒に煮込んだ後、車で飲んだり、果肉と一緒に食べればいいんです。栄養素をより多様で多く摂取することができるんです。果物の皮の栄養を調べた記事をご紹介。

ブドウの皮

ブドウの皮には「レスベラトロール」という成分が含まれています。この成分は、私たちの体に強力な抗酸化と抗癌作用があり、コレステロールを吸着して、心血管疾患を予防。ロシアの調査によると、45歳以上の女性にブドウの皮を摂取するようにしたところ、2時間後にコレステロール濃度が最高700%減少した。肉食を多くするフランス人にはなく、心血管疾患が少ない理由もブドウの種と皮まで発酵させて作られたワインをたくさん飲むからとされています。また、ブドウの皮は、ブルーベリー、クランベリーなどとともに代表的なアントシアニン色素を含有した食品である。アントシアニン色素は、免疫システムを強化し、抗がん作用にも効果があり、目の疲れや視力低下などの目の健康に良いです。

りんごの皮

りんごの皮には「セルロース」という成分が含まれています。この成分は、ゲルの形に変わって排便量をを増やして、硬い便を柔らかくして便秘を予防する効果が。「ケルセチン」というポリフェノール成分も含まれています。この成分は、りんごの皮にあっても果肉はありません。強力な抗酸化作用で老化防止に役立ちます。

みかんの皮

みかんの皮には、他の果物に比べてビタミンCの含有量が高い。皮の白い部分は「ヘスペリジン」という成分で、血管を丈夫にする役割をする。そのため、動脈硬化、心血管系疾患のある人にもいい。漢方ではミカンの皮を漢方薬として使用することもある。湿ったオーラを体の中にたまって詰まりの症状を緩和するのに有効であるからです。

※情報掲載につきましては細心の注意を払っておりますが、当サイトの閲覧、ご利用によりユーザー様に生じたトラブルに対して、当運営事務局は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。

ブロガープロフィール

名前:江南Beautyスタッフ

江南Beautyスタッフです。 他にもこんな記事を書いています!

ページの先頭へ▲