韓国女性の生理痛対策!

月に一回やってくる生理は、人によっては他人が分からない痛みに苦しむようになっている方も多いと思います。鎮痛剤を飲むことにより治まることも多いですが、あまり薬には頼りたくないですよね。そこで、あえて薬を飲まなくても、ビタミンB6とマグネシウムが豊富な食品を摂取すると、生理痛をある程度緩和することができる方法をご紹介します。

ビタミンB6:麦芽とバナナ

woman

生理期間中には、ビタミンB6が多く含まれた食品を摂取するのがおススメです。身体は、新しい赤血球を作成するときにビタミンB6を使用するが、この成分は、生理的に失われた赤血球の身体を再生成するのに役立ちます。また、生理開始前のイライラと不安と抑うつを軽減し、痛みを抑制する神経伝達物質を生み出してくれて、生理痛も緩和させる効果も。

ビールの原料でもある 「麦芽」は、殻麦の芽を出して乾燥した後軽く炒めた薬剤でビタミンB6の豊富な提供元です。一握りの麦芽は、ビタミンB6摂取量の75%程度を提供する。麦芽は、直射日光を避け、虫が生じないように密封して常温で保存してくれる方が良いそうです。

バナナには、ビタミンB6が豊富だけでなく、浮腫を軽減させるカリウムが含まれており、生理中の体がよくむくむ女性に有効である。ただし、バナナチップは、砂糖と脂肪が添加されており、カロリーが高いので、なるべく避けるのが賢明です。

この他にもビタミンB6は、パプリカ、サツマイモ、ネギ、タマネギなどに豊富に含まれています。

マグネシウム:昆布とヒマワリの種

woman1

マグネシウムまた、ビタミンB6のように生理痛の緩和に役立ちます。血管を弛緩させて血の巡りをよくすることで、頭痛や生理痛、筋肉痛など各種の痛みを和らげてくれます。また、マグネシウムは、神経安定ホルモンであるセロトニン(serotonin)を増加させ、生理のために心身ともに疲れた女性に適しています。

昆布は、マグネシウムが豊富な食品として知られている。色が黒ずんで肉質がぽっちゃりが質の良いものです。保管する時は塩水で数回洗った後、水気を抜いた後、密閉容器に入れて冷蔵庫で保管します。

ヒマワリの種もまた生理痛の緩和に役立つマグネシウムを含有している。ビタミンB6も豊富で、ヒマワリの種一握りの場合、一日の必要量の3分の1を摂取することができる。ただし、種子類は、カロリーや脂肪が豊富な方なので、適度な量を食べることが賢明です。

このほか、エビ、ニシン、牛乳などにマグネシウムが豊富です。

いかかでしょうか?麦芽は手に入りにくいかもしれませんが、他の食べ物は簡単に手に入るかと思うので、ひどい生理痛に悩まされている方は、これらの食べ物を取ることを心がけてみてはいかかでしょうか?

 

※情報掲載につきましては細心の注意を払っておりますが、当サイトの閲覧、ご利用によりユーザー様に生じたトラブルに対して、当運営事務局は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。

ブロガープロフィール

名前:江南Beautyスタッフ

江南Beautyスタッフです。 他にもこんな記事を書いています!

ページの先頭へ▲