韓国流 「インフルエンザを治める十の食べ物」

気まぐれな冬の天候が続き、インフルエンザに苦しんでいる患者が増えています。

咳と高熱、筋肉痛などを伴う恐ろしいインフルエンザは、突然ふいに襲ってくる怖さも。この病気を治める韓国ではどんなモノを食べて治めているのか調べてみました。

influenzafood

免疫力高めてくれる食べ物

①牛肉

牛肉は免疫力を高めてくれる代表的な食べ物です。牛肉中の亜鉛が免疫力を高める役割をするからです。牛肉などの肉の摂取で体内に入ってきた亜鉛は、ウイルス、細菌の感染を予防し、病気から身を守ってくれます。

②ハイ貝

ハイ貝は、核酸が多量に含まれて、核酸を摂取すると、新陳代謝が活発になり、細胞の再生が行わます。このプロセスを通し体の免疫力が強化されます。ハイ貝をはじめ、核酸が多く含まれた食品は、サケ、サバ、大豆などもあります。

③しいたけ

しいたけの中のベータグルカンも免疫力の強化機能を持っていて、ベータグルカンの細胞の免疫機能を活性化させ、がん細胞の増殖を防ぐなど、抗がん作用に優れた効果を表します。

④ニンニク

ビタミンB1、ビタミンB2、亜鉛などが豊富に含まれていて、特にアリシン成分に注目する必要があります。

アリシンはニンニクの辛味と香りを出す成分で、免疫力を高めるのに効果的であり、豚肉、サケなどに含まれるビタミンB1の吸収率を向上させてくれます。

⑤みかん

冬の旬の果物みかんを食べるのもおススメ。みかんに含まれるビタミンCは、免疫力を向上させ、風邪や病気を予防することができるよう助けてくれ、クエン酸は、新陳代謝をスムーズにして疲労回復を助けます。

咳を止める食べ物

⑥カリン

体を温める効果を持つカリンは、風邪やインフルエンザの症状を効果的に緩和させてくれる。特に咳、痰などの気管支に関連する症状を取り除くのに優れている。また、ビタミンC、クエン酸などが含まれており肉体疲労回復や風邪の予防にも優れている。

⑦桔梗

乾いた咳が多い場合は桔梗茶を飲みます。根の中にサポニン成分が含まれていますが、この成分が気管支の粘液の分泌を促進して首を保護してくれます。また、サポニンは、免疫力を高める効能も持っており、桔梗を食べると風邪やインフルエンザを予防することができます。

⑧大根

水分とビタミンCが豊富な大根は、咳が頻繁に出る時におススメです。特におろして汁を食べると咳の症状の緩和はもちろん、解熱効果も得れます。汁で作った大根を食べるの苦手な場合は、蜂蜜や砂糖を少し入れると飲みやすいです。

⑨パプリカ

パプリカも重宝します。パプリカをきれいに洗った後、生姜、ナツメなどを入れて水が半分くらいひたし、沸騰させるとパブリカ茶が出来上がります。パプリカをろ過した後、とった水だけを飲みます。パプリカ茶は冷たいオーラを排出させてくれ、解熱、咳·頭痛の緩和などの効能を持っています。

⑩梨

梨に含まれるカテキンやアルブチンは、体の内部の熱を冷まし、汗によって消耗された体液を豊富な水分が補ってくれます。梨の持っている成分は、咳や痰、気管支炎などを取り除いてくれる。皮を削って食べたり、ジュースの形で食べてもいいし、咳の緩和効果があり、ハチミツ、キキョウなどと一緒に煎じて食べるのも良いです。

※情報掲載につきましては細心の注意を払っておりますが、当サイトの閲覧、ご利用によりユーザー様に生じたトラブルに対して、当運営事務局は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。

ブロガープロフィール

名前:江南Beautyスタッフ

江南Beautyスタッフです。 他にもこんな記事を書いています!

ページの先頭へ▲