チゲ・中華料理などのナトリウム多くの食べ物

 

salt

ナトリウムは、体に必要な栄養素ですが、過剰摂取した場合、高血圧、胃炎、肥満などを引き起こす原因となります。

これを予防するためには、ナトリウムの過剰摂取の原因となる食品を事前に知って摂取量を調節しなければいけません。。

醤類で作ったチゲ

キムチチゲ、テンジャンチゲ、プデチゲなどチゲリュは、ナトリウム含有量が高い食品です。100gあたりキムチチゲ、味噌チゲ、ブデチゲのナトリウム含有量は、それぞれ490㎎、505㎎、444㎎。

チゲ類は、コチュジャン、味噌、キムチなどを主材料とするため、ナトリウムの含有量が高くなる。より健康にチゲ類を摂取するために、低塩のコチュジャン・味噌を使用したり、ニラなどのカリウムが含まれている食べ物を一緒に食べて、体内のナトリウムを排出しようとする努力をしなければいけません。

チャンポン、ジャージャー麺などの中華料理

salt2

チャンポンやジャージャー麺も外食、配達メニューには欠かせない中国の食品のナトリウム含量も要注意です。

100gあたりチャンポン400㎎、ジャージャー麺367㎎、チャンポンご飯312㎎、サムソンチャーハン303㎎です。

中国の食品中のナトリウム含有量が最も高いのは、辛くて辛くてぴりぴりする味で多くの人に愛されるチャンポンです。

1人前あたりチャンポンのナトリウム含有量は、世界保健機関(WHO)が推奨する一日のナトリウム摂取量の2倍に達する4,000㎎でにも。チャンポン、ジャージャー麺などのナトリウムが多量に含有された中華料理は、なるべく摂取を控えて、特にちゃんぽんの場合、汁の摂取を控える方が良いです。

意外なダークホースのスパゲッティー

10〜30代の若い層がよく食べるスパゲッティーのナトリウム含有量も少なくはありません。

100gあたりシーフードのトマトソーススパゲッティー306㎎、トマトソーススパゲッティー301㎎、オイルソーススパゲッティー281㎎、シーフードクリームソーススパゲティー264㎎、クリームソーススパゲティー257㎎など。

1人分を基準に考えたとき、スパゲッティのナトリウムは、約1,000㎎で一日の摂取目安量に半分を占めている。スパゲッティ摂取カロリーとナトリウム過剰摂取の心配が伴います。

ナトリウム摂取量を管理する方法

大人基準ナトリウム一日の摂取目安量は2,000㎎です。定量を合わせて食べることはできないために、この推奨量に合わせて摂取することができるように努力する姿勢が大切です。

※情報掲載につきましては細心の注意を払っておりますが、当サイトの閲覧、ご利用によりユーザー様に生じたトラブルに対して、当運営事務局は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。

ブロガープロフィール

名前:江南BeautyスタッフAYA

 他にもこんな記事を書いています!

ページの先頭へ▲