疲れたあなたにアンチエイジングフード「青唐辛子」

交感神経を刺激するスパイシーな青唐辛子は力を引き立ててく、疲れたあなたに必要な旬の野菜です。

Chiles1

韓国料理と言えば「辛い」というイメージが大きいですよね。おそらく、韓国を代表するキムチ、唐辛子やコチュジャンを使って味をつけているものが多いからだと思います。

しかし、歴史は浅く、約400年前の壬辰の乱の前後に最初に入ってきて、その後100年が経って唐辛子粉を入れたキムチを食べ始めたそうです。

今が旬の青唐辛子のパワー

Chiles

唐辛子は生でも食べて前や煮物、揚げ物の他に粉を出していろいろな薬味として使われていて、緑がかった青唐辛子、唐辛子粉に利用される赤唐辛子など色々な種類があり、その中でも今が旬の青唐辛子はビタミンを多量に含有し、多くの辛くない夏に食べば、疲労の解消にも役立ちます。また、適度に辛味が交感神経を刺激して精神がパッと力が出ます。

青唐辛子は、ベータカロチンの含有量が高く、ビタミンC、ビタミンB₁、ビタミンB₂、ビタミンE、カルシウム、必須脂肪酸、食物繊維が含まれており、強力な抗酸化成分であるカプサイシンが豊富である。ビタミンCは野菜の中で最高と言えるほど豊富で、青唐辛子2〜3個だけ食べると一日の摂取目安量に相当します。

強力なアンチエイジングフード

豊富なベータカロチンはビタミンAの前駆体で免疫力を高め、肌に潤いを与え、がんの予防や細胞の老化を遅らせる効果が期待でき、強力なアンチエイジング食品です。強力な抗酸化成分であるカプサイシンは辛味を出す成分で、がん細胞を殺す発がんを抑制する抗がん効果があります。

また、体脂肪を燃焼させ、体内の熱の発生が増加してエネルギー消費量を増やす。水分と食物繊維が豊富でカロリーが低く、ダイエットにぴったりです。

イライラを押さ、ストレス解消に

腹が立ってイライラした日と、ストレスを受けた涙が出る辛い唐辛子を食べると、ストレスが解消される感覚を感じれる。唐辛子の辛味成分が交感神経を刺激し、新陳代謝を促進し、体温を上昇させ、汗を出るようにし、まるで運動した後のようにすっきりとした気持ちに。この辛さは、脳を刺激してエンドルフィンの分泌を増加させ、ストレス解消に役立ちます。

効果的な食べ方は生で

青唐辛子は生で食べるときに、ビタミンCの吸収率が最も高い。

もし食品に使用する場合、ビタミンの損失を減らすために火をオフにする直前に入れるのがよい。また、青唐辛子は種を振るわず、一緒に食べるのがいい。唐辛子の種の様々なミネラルや栄養素が含まれている不飽和脂肪酸が豊富で、抗菌と抗がん効果も期待できます!

トレスを緩和すると言っあまりにも辛い唐辛子を食べると胃を刺激し過ぎるので注意が必要です。

※情報掲載につきましては細心の注意を払っておりますが、当サイトの閲覧、ご利用によりユーザー様に生じたトラブルに対して、当運営事務局は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。

ブロガープロフィール

名前:江南Beautyスタッフ

江南Beautyスタッフです。 他にもこんな記事を書いています!

ページの先頭へ▲