美人はお寝坊?

韓国には「美人はお寝坊」という言葉があります。「미인은 잠꾸러기」(ミイヌン チャム クロギ)と言います。

oversleep

様々なストレス、不規則な睡眠などは健康だけでなく、お肌にも悪影響を及ぼします十分な睡眠は、肌を健康にする重要な要素です。

睡眠が不足すると起こる肌トラブル

1 肌の状態が悪くなる

睡眠不足で炎症反応が増加すると、にきびが発生し肌が敏感になる。ひどいアレルギー性​​接触性皮膚炎と刺激性接触性皮膚炎が発生することができる。

2 肌のツヤが減る

炎症細胞が増加すると、皮膚のコラーゲンとヒアルロン酸が破壊され、肌のツヤ、ハリ、透明度が減少する。 

3 皮膚の免疫力が低下する

炎症反応が生じた場合に、体の免疫システムが弱体化される。これにより、乾癬、アトピー性皮膚炎などの免疫関連皮膚疾患が起こることがある。特に乾癬は、身体の炎症程度を示す指標でひどい乾癬を患っている人の場合、心臓発作のリスクが高くなるという研究結果もある。 

4 水分バランスが崩れる

寝ている間、身体は数回作用を介して皮膚の保湿膜を形成する。十分な睡眠をとらなければ、水分、バランスが崩れ目元が腫れたり、コンタクトサークル、しわなどが起こることがある。 

5 肌の老化を早める

睡眠をとると成長ホルモンの分泌が増加し、損傷した細胞を回復させる。睡眠を十分に眠らなければ、細胞の回復が遅くなり、結果的に老化速度が速くなる。 

6 体重が増加する

良い肌のためには体重コントロールも重要である。最近の研究によると、睡眠は買い食いを減らすことはもちろんのこと、カロリーを消費するのにも役立つ。十分な睡眠をとることは体重コントロールとお肌にもいい。

質のよい睡眠につくためのコツ

1  寝る3時間以内には食事をしない

食べ物が消化するためには、およそ2~3時間かかります。消化しないうちに寝てしまうと、無駄なエネルギーが消費され、睡眠の質が落ちます。

2  自分のからだにあった枕を使う

あっていないまくらは、体に負担がかかり、ゆっくりとした睡眠を妨げます。

3  寝る前に、PCやスマートフォン、TVの画面を見ない

LEDから出ているブルーライトは太陽と同じような光なので、睡眠を促すメラトニンというホルモンの分泌が抑えられ寝つきが悪くなります。

4  寝る前のアルコールは控える

寝つきはよくなりますが、浅い眠りとなり質は落ちます。

5  寝る前に体温を上げる

寝る前に軽いストレッチをしたり、ぬるめのお風呂にゆっくりつかると、体の熱が冷めるときに体温も下がって、眠りに入りやすくなります。また、手足が冷えていると眠れないので、冷え性の人は、寝る前に手足をあたためるようにする。

6 体内リズムを整える

まずは、毎日決まった時間に起き、起きたらすぐに、カーテンを開けて日の光を浴びましょう。明るい光を浴びると、体内時計のスイッチが朝に切り替わり、睡眠物質のメラトニンが消えていきます。軽いストレッチや熱いシャワーも体を目覚めさせます。さらに、しっかりと朝ごはんを食べれば、脳の働きも活発になり、頭も体もシャキッとする。朝のリズムを整えることで、生活全体や体内リズムも整い始め、その結果、夜には自然と眠りにつきやすくなります。

日本でも「寝る子は育つ」「美人は夜作られる」とよく聞きますよね!睡眠は骨を成長させたり、さまざまな細胞に活発に働きかけて、肌の新陳代謝を促してくれる成長ホルモンが最も分泌されるのは夜の10時から午前2時頃。しかも、その分泌量は、ぐっすり眠った場合、横になっただけの場合の3倍だとか。成長ホルモンには、水分を保つコラーゲンなどのタンパク質の生成を促進する働きや、肌の弾力を保つのに欠かせないヒアルロンサンなどを生成する作用もあります。美肌の再生のためには、夜10時から午前2時の間のゴールデンタイムに、ぐっすりと眠ることが大切なのがわかりますね。

 

 

※情報掲載につきましては細心の注意を払っておりますが、当サイトの閲覧、ご利用によりユーザー様に生じたトラブルに対して、当運営事務局は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。

ブロガープロフィール

名前:江南Beautyスタッフ

江南Beautyスタッフです。 他にもこんな記事を書いています!

ページの先頭へ▲