プレミアムブロガーakiraの韓国留学までの道のり②

プレミアムブロガーakiraの韓国留学までの道のり①の続きです!

迫り来る韓国留学・・・。 しかし、アタシったら、荷物発送に追われ、全く実感がないって言う。

普通なら、ドキドキ~ワクワク~ってなるんだろうけど。 それも、全く感じていませんでした。

渡韓ギリギリ(8日前)まで、お仕事していたし、全く環境が変わってしまうことへの不安とかも無く。 元同僚と会ったり、お友達と食事に行ったり。 自宅では、流石に母の言葉1つに、淋しい気持ちには、なりましたけどね。

留学に持っていく荷物準備

毎日、この荷物は、どうやったら持っていけるんだろう?って、そればっかりが頭の中を支配していました(笑)

akira-2-1

民族大移動くらいの大荷物だったので、最終的に留学経験者の方のお話を参考に、渡韓ギリギリで、スーツケースMLサイズっていうのを購入しました。

今まで使用してたMサイズのスーツケース自体が重さもあり、荷物がまとめれなかったんですよね。 今は、スーツケースの大きさが、航空会社で制限されてるものが多くて、なかなか選ぶにも難しかったです。 普通のLサイズだと、アタシが利用予定の大韓航空では、アウト!だったんですよね。

なので、仕方なく・・・一回り小さいMLサイズを注文。 前のMサイズより、厚みはあるものの、ほとんど変わりがなくて、少し運べる量が増えた程度。 なので、やはり、また1便・・・。そして・・・1便と渡韓が迫っていたので、EMSでの発送になり、結局大きなお金を支払うことになってしまいました。

韓国にどのようにして荷物を送るか

akira-2-2

アタシが一番使用した郵送方法は、やはり金額を考えて、船便です。 郵便局からの発送になるのですが、荷物が多いと集荷にも来て下さるそうですよ。 アタシは、直接カウンターに持って行き、何度も何度もお世話になりました。 そして、アタシが送った箱の数・・・なんと、船便が13箱。

EMSが、3箱でした。 エエ。完全にアホですね(笑)軽い引越しを超えていました。

でもね、数は多いけど、箱の大きさは、片手サイズです。 両手で持ち上げることが必要な箱は、1~2個だけ。中身は、調味料と靴ですね。 これは、流石に重いんですよね。 と、言うことで、民族大移動の箱は、16箱(笑) そして、MLサイズのスーツケースと、機内持ち込みスーツケース、リュックサックって言う、出で立ちでの韓国入国になります。

持ってるものに、こだわりがあった訳ではなくて・・・。 持ってるものを、また新しく買わないといけないって言う、その行為が何となく不満って言うか・・・。 勿体無いって言うか・・・。 送料考えたら、送っても買っても、大差は無いだろうとは思いましたが。

新しくすることが、「そうなん?買うんや。」って、感じでね。 自分的に納得出来なかったので、この大容量な民族大移動になってしまった訳です。 いいんです。人に、何と言われようとも、自分さえ納得出来てればね。うん。

つづきます。

※情報掲載につきましては細心の注意を払っておりますが、当サイトの閲覧、ご利用によりユーザー様に生じたトラブルに対して、当運営事務局は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。

ブロガープロフィール

名前:akira   ブログ: 女は女

新しいことにもどんどん挑戦する、好奇心旺盛な美容マニアakiraさん。 いつまでも女性の楽しみ、喜びである「Beauty」情報を、多ジャンルに渡って読者の目線でお伝えしてくれます。動物と人との交流を愛する心優しいお姉様でもあります。 他にもこんな記事を書いています!

ページの先頭へ▲