プレミアムブロガーakiraの韓国留学までの道のり④

プレミアムブロガーakiraの韓国留学までの道のり の続きです!!

留学中の携帯はどうするか?

akira4

荷物も発送し、国内の事務的手続きを、役所で終えた後は、日本で使っていた携帯電話を、どうするか?ですね。

アタシは、auのiPhone5を使用していましたが、契約して半年ほどしか経っていなかったので、もちろん機種代金の残金がかなり残っていました。

色々考え、アタシは、休止という手続きをしました。1年も、日本を離れる訳ですから、本来は解約しても良かったのです。でも、解約してしまえば、今まで使っていた電話番号は消滅してしまうんですよね。 休止にするのに、いくつかの理由がありました。

仲良しのお友達との電話には、やはり番号を残すべきだと思ったこと。 もし、帰国した場合、auを使わなくても、会社乗り換えで、お安く新しい携帯に替えれること。

残金が残ってるけど、一括で払う気がなく、それまで通り毎月の銀行引き落としを利用することなどでした。 休止に掛かる費用は、毎月500円ほどなので、1年でも6000円ほど。 途中契約解除をすると、違約金が発生するので、その金額を考えても、機種本体の残金を支払う間は、契約解除をしてもしなくても同じ金額の支払いが発生しますから。 以上のことを考えて、休止にしました。

休止の場合、帰国して即日に店頭に行き、書類申し込みをすれば、その場から携帯を使用出来るようになります。

携帯会社によって規約が違うので注意

それから、色々調べたことなのですが・・・ auのiPhone5は、SIM解除をしても、海外のSIMカードでの使用が出来ないそうです。 他社のiPhone5では、解除後に可能らしいですよ。

会社ごとに、色んな規約や、機種本体の問題があるみたいです。

ちなみに、アタシの場合、休止後にも本体自体はWi-Fi使用で可能なので、韓国へ持参します。

韓国での携帯契約について

韓国では、入国後3日経過後に、携帯契約が出来ます。 外国人登録証というものが、本来の普通契約では必要になってきますが、プリペイド式ならば、入国3日後からの契約が可能ということです。 韓国に、よく旅行や出張で行かれる方も、入国3日後から契約可能なので、韓国国内用にとして契約をする人も、いらっしゃるそうですよ。 韓国で外国人登録証が出来た場合、普通契約も可能ですが、日本と同じく上限無しの契約になると、留学生にはキツい金額になりそうですね。

ですから、アタシは、たぶん、プリペイドのまま生活すると思います。

携帯に関しても、色んな選択がありますね。

店頭で、普通契約をする場合は、2年契約が普通みたいです。これは、日本と同じような形態ですね。 なので、2年韓国国内に滞在しないのであれば、よく考えてからの契約がイイかと思います。 そして、外国人は新しい携帯を購入する時は、本体を一括払いでしないといけないらしいので、一般の留学生には、手の届かないかもしれません。

一般的に、留学生は、中古の携帯を購入して、プリペイド式で使用する人が多いみたいですよ。

他には、短期留学生であれば、日本で使ってる携帯を持参し、ルーターを借り毎月支払う方法も、アリかと思います。 だいたいルーターは、1ヶ月5000円ほどの使用料金が掛かってきます。

3ヶ月ほどの短期であれば、この方法もアリだと思います。

ただ、普通電話をどのような使用方法にするかがネックになりますね。

留学時の携帯については、ホントに色んな選択枠があるので、自分の滞在期間や、お財布の中身、そして生活内容で、自分に合った方法を選ぶのが、1番だと思います。

私が選んだ韓国での携帯

日本の携帯は休止にし、韓国に持参。このスマホはWi-Fiのみの使用です。

そして、入国3日後に、前もって頂いていた韓国のスマホを生かし、契約はプリペイド式です。

使い慣れるまでの間、日本のスマホと韓国のスマホを2台持ちする予定です。

留学をお考えの方、そして韓国によく来られる方、いろんな方がいらっしゃると思いますが、今はスマホ無くしては、生活も困難なほどですから(^_^;) ご自分のライフスタイルに合った方法で、より良いツール選びが必要になってきますね。

※情報掲載につきましては細心の注意を払っておりますが、当サイトの閲覧、ご利用によりユーザー様に生じたトラブルに対して、当運営事務局は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。

ブロガープロフィール

名前:akira   ブログ: 女は女

新しいことにもどんどん挑戦する、好奇心旺盛な美容マニアakiraさん。 いつまでも女性の楽しみ、喜びである「Beauty」情報を、多ジャンルに渡って読者の目線でお伝えしてくれます。動物と人との交流を愛する心優しいお姉様でもあります。 他にもこんな記事を書いています!

ページの先頭へ▲