食べずに塗る??お肌を輝かせてくれる香辛料

eatbeauty

Tips:クルクミンㆍビタミンBなどの含有

肌の健康を守るためには、基礎化粧品のラベルをよく察してマスクパック、ゴムパックなど様々なパック商品もたまに使用する手間が必要です。

また、古典的な方法ではあるが、天然美容成分を用いてマッサージをすることも、安全に肌を育てる秘訣。アメリカフォックスニュースは、美容の専門家ニーナサットンが助言された食品スパイスを用いた皮膚管理法を報告。

食べずに肌に譲歩するように広告文句のように食べ物を乾燥するために使用されるが辛いスパイスは、直接肌に塗布する方法でもスキンケアに助けを与えてくれます。

 ウコン

「黄金色のスパイス」と呼ばれるウコンはカレー料理の主材料です。このインドのスパイスは、カレー特有の辛味と黄色の色を出すクルクミンという物質がこの自然な色を作る。クルクミンは、抗腫瘍、抗炎症、抗がん作用や老化防止に効果があり、生理痛、生理不順を和らげる役割をする。ウコンは、結婚を控えたインドの女性が輝くお肌を作るために肌に塗る用途にも使用されきたそうです。

ウコン1/4杯、レモン汁小さじ1を混ぜて顔に塗ると色素沈着を防ぎ、肌の色のくすみを改善してくれます。

シナモン

世界3大スパイスの一つであるシナモンは、韓国で水正果茶をする用途に多く利用されている。辛味が出ながらも清涼感があり、夏に飲む冷たい水正果の主原料として適している。また、炭水化物、ミネラル、ビタミンBが豊富で、血液の循環を促進し、腹部を温めて、生理痛、生理不順にも効果がありります。

シナモンオイルは唇をしっとりつややかにしてくれる女性の化粧品であるリップパーの材料としても利用される。シナモンの部分を水に濡らして、唇に塗ると自然のリップバーが作れる。唇にワセリンを先に塗った後、シナモンパウダーをその上に軽く叩くのも一つの方法である。

シナモンは、細菌やカビを殺菌する効果があるので、顔に優しくこすって角質除去剤として使用することもできる。

ショウガ

風邪がかかったときにたくさんお茶を飲む一つは、生姜茶です。ショウガは風邪による咳、痰、悪寒などを緩和する効果があり、血液の循環を促進するのにも役立ちます。

生姜は、皮下脂肪が固まって見苦しいセルライト部位に摩擦するボディスクラブ剤として活用することもできる。オリーブオイル1/4カップ、砂糖1/2カップ、皮をむいて行ったショウガ2杯を混ぜて入浴するときにお風呂で体にこすり使用するとされている。

 カイエンヌペッパー

生唐辛子を乾燥させて粉末化したスパイスであるカイエンヌ唐辛子はカプサイシン成分が含有されており、辛味が強い。カイエンヌペッパーは、頭皮の血液循環を円滑にするのに役立つを与え髪をより健康で、光が出るようにする。

カイエンヌペッパーを頭皮に軽くふりかけたあとマッサージをするとされる。ただマッサージ中コショウが ​​目に入らないように注意してマッサージが終わったら、水できれいに洗うことを忘れずに。

※情報掲載につきましては細心の注意を払っておりますが、当サイトの閲覧、ご利用によりユーザー様に生じたトラブルに対して、当運営事務局は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。

ブロガープロフィール

名前:江南Beautyスタッフ

江南Beautyスタッフです。 他にもこんな記事を書いています!

ページの先頭へ▲