新年の挨拶で、未婚の男女が一番気を使う部分は?

韓国の番組で特集されていた面白い記事をご紹介させていただきます。

2014年新年の恋人が親に挨拶を来る場合、未婚の男性は、家族に余計な話をしないように口封じからさせて、女性はお茶菓子などの食べ物の準備に気をとがらせているが分かった。

2014aisatu

映画「結婚前夜」より

結婚情報会社ビエナレは恋愛結婚情報会社のカップル予感充填油と、昨年12月26日〜31日、全国の結婚希望未婚男女532人(男女各266人)を対象に「結婚相手が親に新年の挨拶をしに来る場合、最優先的に準備すること」に関するアンケート調査を実施。

その結果、男性は、回答者の3人に1人の33.1%が「家族の口封じ」と回答し、女性は27.4%が「お茶菓子など食べ物の準備」で答え、それぞれ最も高い割合を占めた。

次は、男性の場合、▲家族装い(23.7%)▲本人部屋の片付け(18.8%)▲リビングルームなど家の片付け(14.3%)▲お茶菓子などの食べ物の準備(10.1%)などの順となった。

女性は食べ物に続いて▲リビングルームなど家の片付け(24.4%)▲家族装い(20.3%)▲本人部屋の片付け(15.4%)▲家族の口封じ(12.5%)などの順でした。

ビエナレ代表は「男性の場合、家族が気軽に話をする中で、自分の過去の恋愛経歴や他の望ましくない点が明らかになるかを見て口封じに乗り出す」とし「女性は最大の武器である料理やお菓子などを介して得点戦略に乗り出す」と説明した。

一方、「新年の結婚相手の家を訪問するとき、最も注目すべき点」を尋ねた質問でも男女間の反応が完全に交錯した。

男性は56.8%が「家の中の雰囲気」を最も注目して見ると答えた。一方、女性は62.4%が「経済的状況」に答えて、それぞれ圧倒的比重で数多く選ばれた。

二番目には、男性の場合は「経済的状況」(28.2%)、女性は「家の中の雰囲気」(20.7%)が占めた。その次は「相手の親の教育、人格」(男9.4%、女9.8%)が続いた。

「配偶者の心や習性などを重視する男性は花嫁の家を訪問すると、全体的な雰囲気を注意深くチェックすることになる」とし、「一方の配偶者本人だけでなく、家族の経済力を重視する女性は、どうしても経済的レベルに力点を置いて家の中を観察することになる」とのアンケート結果を分析した。

男性は、日本男性とそう変わらないような気がしますが、男性に経済力を求める韓国女性らしいアンケート結果だなと感じました。

女性の場合は、その母親を見る!とも日本では言いますね(笑

※情報掲載につきましては細心の注意を払っておりますが、当サイトの閲覧、ご利用によりユーザー様に生じたトラブルに対して、当運営事務局は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。

ブロガープロフィール

名前:江南Beautyスタッフ

江南Beautyスタッフです。 他にもこんな記事を書いています!

ページの先頭へ▲