肌の老化の誤った常識って?

幼く見える顔を追求する「童顔ブーム」で、老若男女を問わず、肌の老化予防への関心が高まっています。肌の老化の誤った常識をチェックしたテレビ番組があったのでご紹介します。

betteryonger

 

Q. 皮膚の老化は、年を取ってから始まるので、若い頃は気にする必要はない?

肌の老化は、若い年齢の時から開始される現象であるため、幼い頃から太陽への露出について適切な保護措置をとる必要があります。人工日焼けや過度の野外活動、喫煙などの不注意な生活習慣を続ければ、老年でなくても、早期に老化が発生します。皮膚の老化は、どの短い期間の間に一度起こるのではなく、長期間に渡って蓄積されている変化していくので、なるべく子供の頃から始めて、一生の間、実施するのが最も好ましいそうです。

 Q. 日焼け止めは塗るだけで、十分な効果が生じる?

日焼け止めは、正確な方法で十分な量を塗らないと効果が微小となります。日光にさらされる最低20〜30分前に塗っておかなければ外出時の紫外線から肌を保護することができます。

さらに、量をケチらず(全身の皮膚に塗ると、約30 ml程度)お肌にまんべんなく塗ります。

また、野外活動の時間を考慮してSPF指数が30〜50である日焼け止めを使用し、プールや海に行けば水に負けないウォータープルーフの形の製品を使用して、紫外線照射時間が長くなる場合には、その間にもう一度塗って補足することを忘れてはいけません。

Q. 保湿剤や日焼け止めは肌に問題を起こさない?

保湿剤や日焼け止めは、肌安全性テストを踏むので、安全な方です。しかし、これらの製品は個人によって異なる皮膚反応が起こることがあります。いくつかの成分がお肌を刺激してアレルギー性皮膚炎が誘発される場合がありますので使用時に変な感じがすれば、すぐに洗い流した後、医師と相談しなければいけません。製品をお肌全体に重ねて塗る前に腕の部分などの皮膚テストを実施すれば、自分の肌によく合った製品を見つけることができます。

Q. 保湿剤にはまだ幼い女の子が使用して大丈夫でしょうか?

保湿剤は、皮膚の乾燥が起こるすべての年齢の肌に性別の区別なく必要です。飲酒や喫煙、比較的多くの屋外活動時間などによって肌の乾燥が起こりやすく、これを放置すると、皮膚の老化が促進されることができ、保湿剤の使用が必須です。

とにかく日焼けはNGで、保湿は大切だと言うことは間違いないようですね!

※情報掲載につきましては細心の注意を払っておりますが、当サイトの閲覧、ご利用によりユーザー様に生じたトラブルに対して、当運営事務局は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。

ブロガープロフィール

名前:江南Beautyスタッフ

江南Beautyスタッフです。 他にもこんな記事を書いています!

ページの先頭へ▲