韓国コスメ業界 シフトチェンジ旋風!

既存のイメージの改善と補完により、ターゲット層の拡大、しっかりとしたイメージを構築するためのコンセプトの変化

最近、韓国コスメ業界では、衣替えのシフトチェンジの旋風が吹いています。

激しい競争と似たようなコンセプトのブランドの登場、韓国外のお客様の迅速なトレンドの変化などに対応するために既存のブランドイメージを改善したり、補完するブランドが増えているます。

いくつかのブランドの場合は、最初からブランドアイデンティティを新たに構築して関心を集めています。

特に最近では、発酵化粧品の展開が高まり、ブランドコンセプトを発酵化粧品に転換するケースが増えており、注目を集めています。

2014koreancosme

コリアナ化粧品は「環境にやさしい技術である発酵工法を利用」

まず、今年の初めコリアナ化粧品で運営中のマルチブランドショップである「セニテビューティーショップ」では、コリアナの代表ラインである自然発酵緑豆製品のブランドアイデンティティを「韓国産清浄緑豆の美容メカニズムを研究し、自然の中で見つけた最高の環境にやさしい技術である発酵工法を利用した製品」という発酵化粧品ブランドとして再び新しい位置に。

これまでの広報に積極的に使用していなかった堤川伝統医薬産業センターでの安定性を検証した国内産緑豆を自然発酵して抽出したeco 36.9°nokdu成分が配合され、肌をしっとりして快適に整えてくれる低刺激スキンケアをメインに露出させながら、新たな変化を図っている様子。

CLIO goodalは「発酵オイル専門スキンケアブランド」へ

CLIOのスキンケアブランド·goodalも今年初め、「発酵オイルベーススキンケア」9種を発売し、発酵オイル専門スキンケアブランドへの変身を宣言しました。

この製品は、肌の美容に優れた効果を持つ7つの種子を、温度27度、湿度70%の条件で30日間発酵させて抽出したオイル成分をベースにして保湿力を向上させたことが特徴です。

韓律(ハンユル)は「伝統的な自然化粧品ブランド」に

2014koreancosme3

最近では韓方化粧品を中心して作られていアモーレパシフィックの韓律が「ハンユル 米 津液スキン」を発売し、韓国の自然と民間の処方を盛り込んだ伝統的な自然化粧品ブランドにブランドコンセプトの変化を宣言した。

新しく変わったアイデンティティーを適用してリリースした初の製品である「ハンユル液スキン」は、驪州米を赤麹で発酵して作られたハンユル紅麹発酵液™を配合して発酵化粧品のコンセプトまで加えて、最近のトレンドと合致させた。

また、ハンユルはハングルの造形美と水平的な美しさを感じることができる新しいロゴとDual Face Designの新製品容器も一緒に披露した。

innisfreeは「新鮮な化粧品というコンセプト」を加える

2014koreancosme1

2000年自然主義化粧品のコンセプトでマートのみの商品として発売された2010年のブランドショップブランドに転換されて「済州島自然のまま」をブランドアイデンティティにアップグレードしたinnisfreeも最近、済州島を象徴する緑茶ことを製品に適用して、済州というブランドイメージを確立しました。

済州無農薬緑茶を直接組んで作った生茶の数を水の代わりに100%含有した「ザ·グリーンティーシードセラム」を発売し、ライン全体で生茶ができ含有を拡大したものです。

また、innisfreeは、今回のグリーンティー前のラインで製造されてから3ヶ月以内の商品のみを販売するという「Fresh Product」制度を適用して、新鮮な化粧品というコンセプトを加えました。

NATURE REPABLICは、「自然への旅」を新スローガン

ウラタフテウクョニロコ昤ッ エロスコニョ

昨年の「世界の自然のままのを見つけるビューティーエネルギー」のスローガンを交換したNATURERIPABLICも今年1月に1年ぶりに再び自然主義化粧品というブランドイメージを強化するため、「自然への旅」を新スローガンに出しました。

ブランドスローガンである「自然への旅」は、世界各地の汚染されていない自然のままのを探して離れるコンセプトで、その中で発見した健康さと楽しさをお客様と共有するという意味を込めています。

その皮切りに、米自然発酵成分が明確な肌にする、クレンジングフォーム「自然発酵フォームクレンザー」ラインを、今年最初の新製品として提供していたのに続き、最近では酵母発酵物90%を含有した美白機能性「酵母発酵ザ・ファーストエッセンス」を発売し、本格的なマーケティングに突入しました。

Mamodeは「花」をブランドアイデンティティーへ

加えて、昨年のアモーレパシフィックのMamodeは、本格的なロードショップ進出を断行し、「花」にブランドアイデンティティを変え旗艦店オープンし、様々なマーケティングで市場に定着しております。

秀麗韓は、若い世代向けへの顧客の拡大への

20th (2)

LG生活健康の秀麗韓は、 「秀麗韓20′s」を発売。韓方化粧品のオリエンタルハーブを加え、20代のお客様で顧客層の拡大に乗り出しています。

the saemはブランドコンセプトを「グローバルエコ」へ

また、昨年末の化粧品ブランドショップドセムこのブランドコンセプトを「グローバルエコ」に変更し、ブランドBIカラーである「グローバル·エコレッド」と木の素材を使用して暖かく快適な感じで店舗インテリアまで変化させて、話題になっており、最近韓方シャンプーブランドを作り、アンチエイジングを追加し、よりディテールな領域の構築に乗り出しました。

関連業界の関係者は「ブランドイメージを変えることは容易ではないことにも、最近の化粧品ブランドのイメージの変化の動きは激しい競争に新たな戦略作りが求められることも理由で、何よりも年齢層の拡大、海外市場への進出など、新規顧客の創出が注目的なもの と見られる」としながら「過去には、自然主義、有機などのブランドコンセプトの範囲が広かった場合、最近ではその中でも花、発酵、済州島、緑豆、緑茶などの特定の成分や地名など、よりディテールになっているのが特徴」だと説明しました。

 

※情報掲載につきましては細心の注意を払っておりますが、当サイトの閲覧、ご利用によりユーザー様に生じたトラブルに対して、当運営事務局は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。

ブロガープロフィール

名前:江南BeautyスタッフRINA

 他にもこんな記事を書いています!

ページの先頭へ▲