「センテラアジアチカ」が次世代の美容トレンドに!

虎の傷も治すと言われている「センテラアジアチカ」日本ではツボクサと言います。

Centella asiatica

 

ビューティートレンドで発酵エキス、蜂毒、ベムドク、カタツムリ粘液などの後に続いて最近ではホットな要素は、まさに「センテラアジアチカ」である。「センテラアジアチカ」は、小さな扇形の葉に白や薄紫色の花を喫煙セリ科の植物で、「ゴツコーラ」を指す。インドでは、傷を負った虎が病気草私の所の体をこすって治癒しても、「タイガーハーブ」と呼ばれ、韓国では暖かく湿気の多い地域である済州島と南部地方でよく見られるそうです。

昔から「センテラアジアチカ」は、治療に効能があるプールによく理解されている。多くの人々が傷を癒すために使用される植物成分の傷の治療薬である「マデカソル」 ​​の主原料です。

「センテラアジアチカ」の葉と茎の成分が傷の治癒、血液循環促進、小じわ防止などに大きな効果を示すことが知られ軟膏をはじめ、クレンジングパック、ハンドクリーム、染毛剤などを含む様々な製品が発売されています。

「センテラアジアチカ」は、特にコラーゲンの生成と対峙機能を向上させ、肌にハリと元気さを与えます。また、伝統的に虫刺され、かゆみ、湿疹などの抗炎症治療に効果的であり、ハンセン病や皮膚腫瘍などを誘発するバチルス(bacillus)菌を抑制する作用もあり注目されています。

インドではアーユルヴェダーでも使われおり、「長寿のハーブ」とも呼ばれています。

 

※情報掲載につきましては細心の注意を払っておりますが、当サイトの閲覧、ご利用によりユーザー様に生じたトラブルに対して、当運営事務局は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。

ブロガープロフィール

名前:江南BeautyスタッフRINA

 他にもこんな記事を書いています!

ページの先頭へ▲