韓国流の食べ合わせがあまりよくない食べ物

notgoodfood
食べ物にも相性があります。一つ一つがいくら健康に良い食べ物でも、体内に吸収された時、消化作用を困難にする食べ物の組み合わせがありそうです。そんなに過食をしていなかったのに、食事の後、長い間お腹がもたれたり、ガスがたまるような違和感を持つようになったら一緒に摂取した食べ物の間の相性が合わない可能性があります。

健康管理サイトインディアドットコムが最近、英国の栄養学者エリザベスモンゴルカメラの諮問を受け、避けるべき6つの食品の組み合わせについて報道したことに、これまでの研究成果を加えて紹介させていただきます。

炭水化物や果物

果物は、どんな食べ物よりも早く消化されます。ところが、炭水化物と混ぜて摂取すると、果物が消化過程に干渉作用をすることになります。英国では、朝食メニューに愛用されているものの中のミルクのオートミールを入れて沸かした後、果物などを入れて食べる粥(Porridge)があります。私たちのお粥のような食べ物になります。

多くの人々がPorridgeに果物を入れるのが良い選択だと思うのですが、実際は、消化過程に問題を起こす結果に。オートミールは炭水化物が豊富な食品で、果物とは相性が合わないからです。空腹時に果物を最初に食べるのが良いです。特に早朝空腹時に果物の摂取が理想的に。

◆動物たんぱく質と炭水化物

この2つの成分の食品を分解するためには、さまざまな酵素が必要になります。一緒に摂取したときに適切に消化されません。消化器官から腐敗作用を起こすことができる。会社員が飲み会の時に肉を食べながら、ご飯を一緒に食べた場合、消化が悪い組み合わせに。

◆酸性の果物やでんぷん

レモンとトマトのような酸性の果実はでんぷんの分解酵素であるアミラーゼを破壊する。アミラーゼはアルカリ性酵素で酸成分があれば、分泌されず、消化器官内のガスが増加し、消化機能を妨害する。でんぷんは、葉緑素を持つ植物体が光合成を介して作り出す物質で、炭水化物の一種である。米とサツマイモ、ジャガイモなどに豊富。

◆乳製品や果物

ヨーグルトに果物をすりおろしのスムージーは、西洋では、朝食メニューの一つ。しかし、ヨーグルトは動物性たんぱく質成分が主をなしている果物と混合すると消化不良を引き起こすので注意です。

◆食べ物を食べ、水を飲まない

食べ物を食べながら、どのような形であっても、大量の液体を飲むことよくない。消化酵素が希釈されるからである。食事の30分前に水などを飲まないことがよく食事の後は2時間を待ってから、水を飲むのが良い選択です。

※情報掲載につきましては細心の注意を払っておりますが、当サイトの閲覧、ご利用によりユーザー様に生じたトラブルに対して、当運営事務局は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。

ブロガープロフィール

名前:江南BeautyスタッフRINA

 他にもこんな記事を書いています!

ページの先頭へ▲