マスクパックを正しく使うための5つのTips

マスクパックだけでも熱心するだけでもなめらかな蜂蜜肌を育てることができます。

手軽にできる皮膚管理法であるマスクパックは、適切に使用する方法を調べてみました!

howtomask

Tip1 : 入念な洗顔

パックをする前に、最も重要なのは、入念な洗顔です。肌に老廃物が溜まっている状態で、マスクパックをするとトラブルを起こす可能性が高いため、角質や汚れを除去した後のパックをすることが必須である。 マスクパックをする前に、洗顔の段階で角質除去をすると、栄養成分の吸収効果が高まる効果も享受できる。肌に角質層が厚くたまっている場合、マスクパックをしても栄養価が奥深くまで吸収されないので、ディープクレンジングと角質除去は必須だ。

Tip2 : 肌のキメ整理

洗顔後すぐにマスクパックを使用するよりもトナーで肌整えた後、パックをのせるのが良い。トナーは、油分が少なく、水分が多くの製品を選んで塗り心地が軽いものを用いるのがよい。ローションや水分クリームなど、他のベースラインの製品は、マスクパック栄養成分の浸透を防ぐことができますので塗らない方がいいです。

Tip3 : マスクパックを選択

肌のキメ整え後はお肌のタイプに合わせてマスクパックを選択すること。肌に老廃物がたまるのが気になったら、緑茶パックが効果的であり、ニキビなどの皮膚の炎症をしずめるにはアロエのパックがいい。ハトムギも、体内の代謝を促進し、老廃物を排出させる効果があり、肌をきれいにする。必要な効能に応じてマスクパックを選択しなければ効果を極大化させることができなくなります。

Tip4 :時間厳守

肌タイプに合ったマスクパックを選択し、シートを半分だけ広げて目の形に合わせて引き上げる。その後、残りの部分を伸ばして反対側に貼り付けた後に浮き上がる部位がないように密着させる。マスクパックを長くつけると肌が乾燥し、しわが生じることがありますので15〜20分前後にしてくれることが望ましいです。

Tip5 : 仕上げにぱんぱんたたいて吸収させる

マスクパック使用終了後はぬるま湯で洗顔したり、手を使って叩いて吸収させた後、スキン、ローション、水分クリームの順に軽く塗ってくれる。マスクパックに残っているエッセンスは、首や手の甲、脚などの乾燥した部位に塗ることもお奨めします。

※情報掲載につきましては細心の注意を払っておりますが、当サイトの閲覧、ご利用によりユーザー様に生じたトラブルに対して、当運営事務局は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。

ブロガープロフィール

名前:江南Beautyスタッフ

江南Beautyスタッフです。 他にもこんな記事を書いています!

ページの先頭へ▲