今年の日焼け止めのトレンドは「多機能」

春が過ぎ、初夏に向かい、紫外線が一番強い季節になりました。

今年に入り、様々な日焼け止めが色々なブランドから出ていますが、トレンドとしては肌のトーンをまとめからホワイトニング効果まで追求している「多機能性」にパワーアップしています。

くすんだ肌のトーンを整えてくれたり、ホワイトニング効果を提供するなどの様々な機能を持っている日焼け止めが注目を集めている。ベースメイク製品も紫外線機能を搭載しています。

2014sunblock

AHC「UVキャプチャビタカプセルサンジェル」(W49,000)

べたつかないしっとり感とクールなクーリング効果があり、 5種類のビタミンと保湿カプセル配合。肌に塗ると滑らかに溶ける保湿カプセルが保湿膜を形成して皮膚の中の水分が蒸発しないように助ける。肌に刺激を原因となることができる7つの成分(テルク、ベンゾフェノン、人工色素、鉱物油、動物由来原料、界面活性剤、パラベン)を添加していない製品で老若男女すべてのお肌に安心して使用することができる!

THE FACESHOPが新たにリリースした「ナチュラルラインエコセバムコントロールモイスチャーサン」(50ml/W14,000)は、紫外線遮断と毛穴ケアを一度に解決することができる新概念の製品。プライマー兼用でメイクアップベースを別々に使用しなくても肌のキメが補正されるという特徴があります。

CNP チャ&パク化粧品の「CNP トーンアッププロテクションサンSPF42 / PA + + +」(50ml/W28,000)は、紫外線遮断とベースメイクまで可能に。また、皮脂吸着パウダーが配合されて、日中に分泌される過剰な皮脂を調整し、嫌なテカリを予防し、サラサラした肌の状態を維持してくれます。

日焼け止めは、毎朝基礎スキンケアに使用する「デイリー線ケア製品」とし毎日肌の状態によってスキンケアの手順で変更し、天候や状況に応じて日焼け止めを選択して使用するとより効果的で便利な紫外線から肌を保護できるそうです。

※情報掲載につきましては細心の注意を払っておりますが、当サイトの閲覧、ご利用によりユーザー様に生じたトラブルに対して、当運営事務局は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。

ブロガープロフィール

名前:江南Beautyスタッフ

江南Beautyスタッフです。 他にもこんな記事を書いています!

ページの先頭へ▲