美人はお寝坊?睡眠で「よみがえる美肌」

 

睡眠不足と良くないコンディションは顔にそのまま現れます。

夜更かしや飲酒が原因で、睡眠時間が不足したり、熱帯夜で寝そびれた時、翌朝の鏡の中の顔はくすんでやつれて見えた事を誰もが体験しているはず。

成長ホルモンの役割で、実際の肌は、眠っている間に再生が行われます。 成長ホルモンは、成長と発達をつかさどるだけでなく、細胞の再生や疲労解消に助けを与え、夜の間に分泌された成長ホルモンは、昼間の損傷を受けた皮膚組織を回復させて再生する役割をするようになります。

普通の人の皮膚の角質は28日周期で新しいものと交換され、眠りが足りない場合、通常の角質交換が炎症を起こすことにもなります。

睡眠ホルモンであるメラトニンも肌に影響があります。

sleepingbeauty2

肌を黒くするメラニンの機能を低下させ、皮を取り除いてくれるメラトニンは、分泌量が増加し、睡眠を取る間、美白剤の役割を遂行してくれます。そのため睡眠を十分に眠らなければ、肌がくすんでしまうのはそのためです。

しかし、無条件に睡眠をとればいいというものではありません。 寝る前に入念な洗顔をし、お肌を清潔にした後、眠りにつかなければいけません。

メイクアップ残余物が毛穴の中に残っている場合、皮膚を刺激してトラブルを起こします。

寝る前にエッセンスを塗ったり、パックをすると夜の間に起こる皮膚の再生と回復に役立つのでおすすめです。

しわ防止成分であるレチノールが入っている化粧品の場合、紫外線にさらされると、副作用が発生することがあるので、夜に使用する事。

睡眠時の姿勢にも気を使わなければいけません。うつ伏せ寝をしたり横になって眠る習慣、高い枕で眠る習慣などは、しわの原因となるので、正しい姿勢を維持することも必要です。

不規則な睡眠パターンが続くと、長期的に肌のキメが粗くなって、肌の老化が早まることになるので、上手に美肌になるために、なるべくいい睡眠をとるようにしたいですね!

※情報掲載につきましては細心の注意を払っておりますが、当サイトの閲覧、ご利用によりユーザー様に生じたトラブルに対して、当運営事務局は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。

ブロガープロフィール

名前:江南Beautyスタッフ

江南Beautyスタッフです。 他にもこんな記事を書いています!

ページの先頭へ▲