韓国 コスメ販売の変化 BOXやキット売りブーム

今韓国ではコスメのボックスとキット販売の仕方がブームです。

特に単純な製品などでセットを構成していた既存のボックスから抜け出し、お肌の状況に応じて適切な製品で構成して効率を高めたり、夏などの季節的要因、ワールドカップなどの社会問題、特定の期間中に一定の購入物に販売金額の一部を、社会に貢献するなど、さまざまなテーマで進められています。

boxkit1

カスタマイズされたボックス CNPチャ&パク化粧品では、さまざまな状況の起こっている肌を癒してくれる「CNPアングリーボックス」2種を数量限定で発売。

特に箱のパッケージが昼と夜を象徴する可愛らしくてキュートな表情のイラストで表現されていて風変わりなスタイル。まず、「DAYボックス」は、暑い夏の天気で赤く熱くなる肌を強力保湿とクーリング効果で冷やしてくれるアイテムで構成。寝床につくまで、皮膚やストレスが原因で発生する可能性のあるお肌の招かれざる客のための「NIGHTボックス」は、ニキビ肌に適した製品とスポットケア製品を入れました。

「DAYボックス」(全5 種/ W39,000)と「NIGHT·ボックス」(全5 種/W49,000)。

boxkit2

コリアナのLAVIDAは総12種の化粧品で構成する「Mボックスシーズン3」を発売。

夏のお肌のための必須アイテム4種の両方を購入した消費者のために企画されたボックスです。 

設定されたアイテム4種は、美白とシワ改善を一度に助けてくれる「ラビダホワイトソリューションビタミンCコラーゲンパウダーエッセンス」を含めて「ラビダモイスチャーソリューションジェルクリーム」、「ラビダバイタルリカバリーBBクリームIRF20」、「ラビダサンソリューションUVスプレーSPF50 + / PA + + +」が入っていておまけもたっぷりつくそうです。

 

※情報掲載につきましては細心の注意を払っておりますが、当サイトの閲覧、ご利用によりユーザー様に生じたトラブルに対して、当運営事務局は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。

ブロガープロフィール

名前:江南Beautyスタッフ

江南Beautyスタッフです。 他にもこんな記事を書いています!

ページの先頭へ▲