嘘?ほんと?整形にまつわる都市伝説とは?

Urban legend2

整形大国と言われるほど整形する人が多いですが、韓国の人口1000人当たりの整形手術の件数は13.5件レベルで全世界1位に。他の多い国はギリシャが12.5人、イタリアは11.6人、米国が9.9人と続きます。

整形技術も発達し韓国で整形手術を受けに来る人も毎年増加しています。整形に関連する情報もあふれている。

大韓医師協会の資料から、嘘?ほんと?韓国整形にまつわる都市伝説を分析していきたいと思います。

豊胸手術は出産と授乳に影響を与える?

原則として豊胸手術は、出産、授乳の間には何の関連もないそうです。胸の内部乳腺組織から母乳が作られて、有線管に乗って乳首に記載されて赤ちゃんに供給されることが授乳の全プロセス。

この乳腺組織は、乳房の皮膚のすぐ下にありますが、胸の拡大手術をした場合、インプラントが位置するところは、胸の大部分を占める大胸筋の筋肉の下に置かれる。これは、手術後に胸が硬くなるのを防ぐための手術方法で最も多く施行されている。したがって、手術をした場合、インプラントは、乳腺組織から全く別の空間に配置されるため、授乳に支障はなしそうです。また、胸に注入する手術は、乳房組織を中から支える単純な役割だけで、ホルモン影響を受ける他の生理的機能とは関係がない。

 夏には整形手術を避けるべき?

多くの人が、炎症や汗などの理由で、夏には整形手術が危険ではないかと心配しています。もちろん、なるべく夏場を避けなければなら手術がありますが、通常の手術は、季節に特に関係はないそうです。特に最近のように冷暖房がよくされている場合には、むしろ、冬に室内で汗を多く流すこともある。

整形手術で骨を削る苦痛が後に従う?

Urban legend

骨には感覚神経が通って通いますが、分布はない。つまり、骨自体は痛みを感じないので、骨を削る痛みと存在しません。したがって、顔の骨格手術は比較的痛みが少ない方に属する手術となります。

傷の手術は必ず大人になってからするべき?

傷の手術は、年齢に関係なく、傷がついた後、6ヶ月から1年程度から可能に。

豊胸手術後の乳がん検診に支障がある?

Urban legend1

以前には胸の拡大手術が乳がん検診に支障を与えるという懸念がありましたが、乳房撮影技術と判読技術の発達で現在はほとんど支障がないと知られるように。

胸の豊胸手術と乳がん発生の相関関係は明確に証明されたことがない。胸の豊胸手術とは無関係に、乳がんの発生率は毎年増加しており、35歳以上であれば、少なくとも一年に一度専門医に胸診察を受ける方がいい。

40歳以上であれば、毎年乳房撮影術を受け、乳がんの家族歴がある高リスク群の女性であれば、20歳から毎年定期的に診察を受けることを薦めているそうです。

脂肪吸引を受けた後でも、再び太れるか?

Urban legend3

脂肪吸引手術は、脂肪細胞を除去する方法として唯一のヨーヨー現象がないが、脂肪吸引手術後の再び太る形態は、肥満度に応じて差があるそうです。脂肪吸引手術後は、通常と同じ強度の食事の調整や活動を維持すると正常体重の方の肥満体重の人はすべて自分の体重が維持される。

もし手術後の食事量が増えて運動を怠って活動量が減少すると、正常体重の患者は、手術部位以外の他の部位の脂肪細胞のサイズが大きくなって太って見える。そして肥満の患者は、脂肪細胞の数と大きさが同時に増えるので、再び体重が増加する。

実際に思春期以降には、脂肪細胞の数と大きさが一定に維持されますが、妊娠した場合は、インシュリン治療が必要な糖尿病患者、高度肥満などの患者では、脂肪細胞の数が年齢に関係なく増加することができるそうです。

※情報掲載につきましては細心の注意を払っておりますが、当サイトの閲覧、ご利用によりユーザー様に生じたトラブルに対して、当運営事務局は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。

ブロガープロフィール

名前:江南BeautyスタッフAYA

 他にもこんな記事を書いています!

ページの先頭へ▲