注目の「赤米」パワー!健康だけでなく、肌の保湿にも優れた効果発揮

redrice

以前より増して数年前から健康への関心が増えるにつれ、「有機」・「環境に優しい」がトレンドキーワードとして、体に良い健康的な食事の需要が増加している中、食べ物だけではない、肌の美容にも優れた「赤米」が注目を集めています。

その中で、最近、お米の消費を推奨して米産業の活性化のためにダイエット、老化防止など、様々な米品種が開発され、「赤米」は、成人病を予防し、コレステロール値を下げる効果が優れていて、話題になっています。

成人病の予防に優れる

赤米は最近、KBS「鮮やか知識プラス-韓国人はバプシム!ご飯が補薬である」編で紹介されてリアルタイム検索語1位に上がるなど、視聴者の関心を集めています。

赤い色を帯びたのが特徴である赤米は紅麹を発酵して作ったお米で2千年前の中国の漢の皇帝が皇室の食品に食べた貴重な食材でした。 特に赤米が話題になっているのは発酵過程で生成されるモナコリンK成分がコレステロール値を下げて、血管の改善に役立つを与え成人病を予防してくれることです。

redrice1

また、赤米は血のめぐりを良くして、消化を助け、腹痛、下痢などを止める効果も。 家庭でご飯を炊くときは、白米10:紅米1の割合で、赤米は洗わずに入れます。

これは、赤米のモナコリンKが洗い流されしまうと、赤米の効能が落ちてしまうからです。

一方、赤米はご飯の他にも紅食パン、赤もち、紅おこげなど、さまざまな食材として活用されています。

皮膚のバリアを強化してくれる原料として注目

redrice2

身体に良い赤米は、皮膚の美容にも優れていることが最近わかりました。基本的に豊富な栄養を持った米は、古くから美肌のために使用された美容原料で、赤米は皮膚のバリアを強化してくれる成分が含まれて保湿効果がさらに優れています。

このような中、伝統的化粧品ブランドハンユルは赤米で作った「液スキン」を発売し、人気が高いです。 「ハンユル液スキン」は、紅米発酵法を使用して誕生したハンユル紅発酵液™が、肌にやさしいバリアを強化し、肌の水分を保持する置く力を育て皮膚の乾燥の根本的な原因をケアしてくれるコスメです。

ハンユルの赤米発酵法は、白い米を赤麹で8日間、丹念に発酵し、肌に有益なコメの保湿成分と効能成分が吸収され小さくなり、効能が増えて、乾いた肌に深い潤いを与えてくれます。

ハンユルのモデルとして活躍中の イム・ジヨンは、健康のために赤米ご飯を炊き食べているそうです。

*赤米は紅米と同じですが、ここでは赤米と表現させて頂きました。

ハンユルの新しいモデルに大抜擢!韓国女優 イム・ジヨン

※情報掲載につきましては細心の注意を払っておりますが、当サイトの閲覧、ご利用によりユーザー様に生じたトラブルに対して、当運営事務局は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。

ブロガープロフィール

名前:江南BeautyスタッフAYA

 他にもこんな記事を書いています!

ページの先頭へ▲