夏に向けての天然パックレシピ

 

夏が始まりを知らせる夏至。暑い夏を向けて、身体作りに保養食品を取りまとめる人もいます。

スキンケアに力を入れている方は、夏に向けて気にしていることはやはり紫外線だと思います。

適切に管理されていない肌が強い紫外線にさらされると、シミ·そばかすのような色素疾患が生じるだけでなく、急激な肌の老化を実感することに。紫外線に肌が露出されると、真皮層のコラーゲンとエラスチンが減少して肌の弾力性が低下、紫外線が皮膚の色素細胞を刺激してメラニン色素がと生成されると、皮膚が黒ずんで変化してシミ·そばかすなどの色素疾患もひどくなる。

したがって、夏が始まる今からスキンケアにより神経を使わなければいけませんね。韓国女性はスキンケアには、天然成分を活用した皮膚保養パックが効果的なので、実行されている方が多いです。

夏に負けないお肌を作り上げてくれる、自宅でも簡単にできる保養天然パックのレシピをご紹介します。

レシピ1:天然パックのメジャー級 ジャガイモ

naturalpack1

パックをするときに最も多く使用されて天然成分は、ジャガイモです。ジャガイモにはビタミンCをはじめ、カリウム、フッ素などが豊富でくすんだ肌を明るくしてくれるだけでなく、熱くなった肌を鎮静させてくれる効果もあるので夏にもぴったりです。

ビタミンCは、メラニン色素の形成を抑制し、損傷した皮膚を回復させてくれるので、紫外線が原因で起こることができるシミやくすみなどを予防する効果的。

作り方はジャガイモをきれいに洗った後、皮をむいてすりおろします。ここに小麦粉や蜂蜜、ヨーグルトなどを混ぜて適当な濃度にした後、顔に塗るだけで完成。

レシピ2:万能選手のアロエ

naturalpack2

熱った肌にアロエパックが効果的です。アロエ茎を切ると出てくる液をコットンやガーゼに浸して肌に直接置くと効果的。

アロエ液に蜂蜜、小麦粉を混ぜて作っても効果が得ることができます。

レシピ3:隠れた力持ち お米のとぎ汁

naturalpack3

お米のとぎ汁には、米から染み出た各種水溶性栄養素が豊富で、肌を清潔にするために効果な忘れがちな美容アイテムです。また、肌の再生能力を強化し、シミやそばかすを抑えて、クリアな肌を作るのにもオススメです。天然成分でパックをしたり、洗顔をするにも使えます。

天然パックを使うときに注意しないといけないのは、必ず刺激テストをすること!

果物や野菜が毒性を持っているか、鉛·農薬などの汚染された材料であることがあるからです。腕や太ももの内側に少量を付けた時、皮膚が赤く変わったりかゆみを感じたらならすぐにきれいな水で洗いがなし使用を中止しましょう。また、にきびできそうな肌のトラブルがあるときは、皮膚に刺激を与えるので、パックはしないことです。

あと、カーゼや、シートマスクの上に天然パックを乗せてパックすると洗いがなすときに楽です。

天然素材パックは韓国の女性にとってはとても身近な美肌になるアイテムで、お母さんから代々のオリジナルレシピを受け継ぐそうです。

※情報掲載につきましては細心の注意を払っておりますが、当サイトの閲覧、ご利用によりユーザー様に生じたトラブルに対して、当運営事務局は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。

ブロガープロフィール

名前:江南Beautyスタッフ

江南Beautyスタッフです。 他にもこんな記事を書いています!

ページの先頭へ▲