韓国美容業界が注目の「セラミド」成分は外せない

ceramidocosume

最近、韓国内化粧品業界に「セラミド」成分が注目されています!

国内化粧品業界に新たな素材の競争が激しくなっている中で、環境的な要因に応じて、皮膚の水分補給と保湿が重要な悩みに浮上し、肌の保湿と密接な成分であるセラミドが関心を集める結果に。

セラミドは、皮膚の保護膜である角質層を構成する最も重要な成分で、単に水分だけ供給する一般的な成分とは異なり、細胞間の間を埋めるセメントの役割をしていて、皮膚を保護し、水分が外部に流れていくことを防止して、肌を長時間しっとり維持することができるのが特徴です。

これらの保湿効果が消費者の間で口コミで広がり、様々なブランドからセラミド成分の化粧品が発売されており、関連するタイプも拡大している状況に。

2012年にリリースされたDr.Jartセラマイディンクリームが爆発的な人気をを得たことに続き、最近様々な企業から関連製品が続々と発売されており、製品の種類もボディ製品がマスクシートまで拡大している傾向にあります。

国内セラミド化粧品元祖のDr.Jartが最近ボディケア製品3種を披露したのに続き、韓方ボディケアブランド一理(illi)もモデルであるチョン・ジヒョンを前面に出して「セラミドアートライン」を披露した。

一理が発売した「セラミドアートライン」は、柔らかい赤ちゃんの肌から敏感な大人の肌まですべての年齢層が利用できる製品でボディウォッシュとローション、クリームで構成して、話題になっています。

チョン・ジヒョンのコスメブランド 一理(illi)「セラミドアートライン」が熱い!

特に一理(illi)は、様々な刺激や乾燥した環境によって損傷した皮膚の障壁を強化するために、皮膚のバリア類似体Ceramide Skin Complex™を開発しセラミドの皮膚浸透効率を高めたのが特徴に。

ceramidocosume1

Dr.Jartはボディ製品に続き、最近セラミド成分を活用して保湿力に焦点を当てたマスクシート製品も発表。

ブランドを代表するベストセラーであり、セラミドが重要な成分である「セラマイディンクリーム」一通の保湿効果を低刺激ナノシートに盛り込んだ「セラマイディンマスク」がまさにその主人公。

液晶乳化技術を使用して有効成分の浸透力と結合力を高めたこの製品は、敏感で乾燥した肌に水分を満たして強力な保湿膜を形成し、高速接続の改善効果を得ることできます。

ceramidocosume2

クリーム製品も継続的に発売されて良い反応を得ていて、Mamondeが今年の下半期主力製品にもなりつつある製品を披露した「ムクゲ保湿バリアクリーム」はムクゲの天然保湿因子と、さらに強化されたセラミド成分が会って、肌の保湿バリアを強固にして、肌本来の保湿力を極大化させてくれる製品に導入されています。

CNPチャ&パク化粧品がこれまでの沈黙を破って、最近発売された「CNPアートソリューション」のラインもセラミドを主成分としています。皮膚の構成成分と類似したC1(セラミド1)を含有したこのラインは柔らかくて敏感になった肌のバリアを強化してくれます。

製品は「アートソリューションC1バリアクリーム」と「アートソリューションC1インテンシブトリートメント」などの保湿剤2種と「アートソリューションマイルドフォーミングクレンザー」で構成。

ceramidocosume3新たにローンチされて話題になった化粧品ブランドショップLABIOTTEもずば抜けた保湿力を持つナチュラルセラミドを主成分と「プレニックスマート」ラインを発表しました。このラインやはり主力製品はクリームになっていました。

LABIOTTE独自技術の(AMID​​ERM)™テクノロジーをベースにセラミドをはじめとする主要成分を肌の奥深くまで浸透させることでしっとりとした肌を守ってくれます。

一方、goodalが昨年末に発売した「水分バリアクリーム」も最近、再び注目されている。この製品も皮膚のバリアの強化に効果的なヤドリギとセラミド成分が損傷した皮膚バリアを健康に回復させてくれて、ミネラルが豊富な雪岳数が含まれ、肌の奥深くからしっとりとした水分に密にフィラーが特徴で、ベストセラーコスメの仲間入りに。

韓国美容トレンド 「皮膚のバリアケア」

今後のセラミド成分配合のコスメから目が離せませんね!

※情報掲載につきましては細心の注意を払っておりますが、当サイトの閲覧、ご利用によりユーザー様に生じたトラブルに対して、当運営事務局は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。

ブロガープロフィール

名前:江南Beautyスタッフ

江南Beautyスタッフです。 他にもこんな記事を書いています!

ページの先頭へ▲