清潭洞でこだわりのよもぎ蒸し「ワンジョン・スッジャフンバン」

外からも中からも 韓国女優は浸透系美容を選択  こだわりのよもぎ蒸し「ワンジョン・スッジャフンバン」編

韓国美容といえば透き通るような白い肌で きめの細かい肌が基本 韓国女優も伝統的な美容方法は様々な方向から 取り入れられています。

特に日本でも「よもぎ蒸し」などは有名 そういった「浸透系美容」は表面だけでなく 身体の内側隅々までの効果があり 表面的なエステよりも良い今回はそんな中から「ワンジョン・スッジャフンバン」を選びました。

清潭洞でこだわりのよもぎ蒸しを

古来から伝わる韓国伝統方式を忠実に守り行われる、
ここのよもぎ蒸しの効果は無限大と近所に住むマダムが通いつめているお店。

yomogi7

一般的なよもぎ蒸しは、蒸した水蒸気で温めるのですが、こちらのこだわりは、水蒸気ではなく、よもぎそのものから出る煙で体を温めるのが特徴で、足元に焚いた煙が身体全身に届くのです。外から温めるのではなく体内を通過するので、下半身だけではなく全身の血液循環を促し、全身の老廃物の排出の手助けをしてくれます。もちろん美肌効果もあり。

よもぎにも並ならぬこだわりがあり、身体の中を通るよもぎなので上質であって欲しいと風の多い江原道(カンウォンド)で強い雨風に打たれながら育ち、陰暦5月5日、年に一度だけ収穫された最高級のよもぎを収穫する前に畑にマッコリをまくというこだわり。よもぎは3年ものと6年ものの2種類あり、たまにしか来れない方や旅行者の方には6年ものがおススメだと思います。

yomogi8

雑居ビルの2Fにあるお店は入り口からもう、よもぎの香りが。
優しいアジュンマが迎えてくれます。

店内は韓国のお家に来たようなインテリア。20畳以上はある広々としたフロアーは、オンドルが効いていて快適です。

yomogi1

可愛い韓国スタイルの服に着替えてよもぎ蒸しのお部屋へ案内されました。

yomogi2

よもぎ蒸しを行う部屋は、教室みたいで 木漏れ日が入ってきて、すごくリラックスできる空間。
地元マダムと共に、美味しいよもぎ茶を飲みながら雑誌を読み、リラックスしながら40分間。
蒸すより、いぶされてる感じ(笑)頭の先まで煙が届いてるのがわかります。

よもぎ蒸しが終わると、休憩室へ移動し寝転がります。熟睡できそうなくらこちらも、田舎の祖母の家に来たような落ち着きが。

yomogi5

肩に温熱パッド、お腹に蒸したよもぎをのせてくれます。上向き30分

yomogi4うつぶせ30分

yomogi6
これが最初に行ったよもぎ蒸しより汗が出る出る、芯から身体が温まるのを感じました。

最後に子宮に良いワカメスープを出してくだり、ここまでのこだわりに感動。

yomogi9
ご近所だったら通いたくなるよもぎ蒸しでした。

難点なのが、よもぎの匂いがキツイので、ロッカーにいれた洋服にも染み付いているし、その日は一日体からよもぎ臭がしますが、個人的には、綺麗になるために我慢できる範囲でした。地元もマダムや、若い女性もいらして、皆さん常連さんのようでした。こちらのこだわりのよもぎ蒸しで、ぜひ子宮から綺麗になってみてはいかがでしょうか??

名前 ワンチョンスッチャフンバン(旺天よもぎ座薰房)
名前(韓国語) 왕전쑥좌훈방
住所 ソウル市江南区清潭洞 133-6
住所(韓国語) 서울시 강남구 청담동 133-6
地図(Google Map)
Google mapで地図確認 >
電話番号 02-547-8668
営業時間と休日 (月~土)10:00~22:00 入場は20:00まで、(日)11:00~21:00 入場は19:00まで 休日:旧正月・秋夕連休
店舗URL http://cafe.naver.com/wangzun/
クレジットカード

※情報掲載につきましては細心の注意を払っておりますが、当サイトの閲覧、ご利用によりユーザー様に生じたトラブルに対して、当運営事務局は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。

ブロガープロフィール

名前:   ブログ: たのしく おいしく うつくしく ♪

ただの韓国好き!ではなく、女の子にとってのHAPPYを客観的に伝えているブログを書いている杏さん。シートマスクだけで120以上の記事をブログに掲載していたりと、数多くのコスメに詳しいのですが、実は相当なこだわり屋さんでもあります。 美容以外にもソウルのカフェ・グルメ情報通でもあるので、迷ったら杏さんブログをチェック★ 他にもこんな記事を書いています!

ページの先頭へ▲