日韓恋愛のリアルトークをON AIR!

綺麗になる一番の近道は「恋愛が一番の美容液!!」と言われますが。韓国人男性と日本人女性のカップルが増加傾向にあるそうです!

韓国ブームは去った今でもその勢いは衰えていないですが、実際のところ。。日韓カップルってどうなんでしょうか?? 韓国人の彼氏がいらっしゃる江南Beautyのプレミアムブロガーのウジャさんにお話をしてもらいました。

ujyalove

彼に出会ったきっかけ

5~6年前にお友達の紹介で出会いました。 その後、私には韓国人の彼ができたので、ずっとお友達関係だったんです。 年に数回、「元気?」なんてメールでやり取りするくらいで。 当時の彼とお別れをして1年後くらいに、頻繁に連絡をするようになり。 私も彼を好きになっていましたが、2度目の日韓遠距離恋愛をするのに正直迷いはありました。 でも、彼の温かい言葉と前向きな考えを聞いて、もう一度スタートさせてみようと。 ちょうどお付き合いを始めて2年になります。

ここが違う!ナムジャチング(韓国の彼氏)

あまり日本人と違いは感じないんです。 例えば、サプライズをしてくれる、花束をプレゼントしてくれる、愛情表現が豊か、 食事を取り分けてくれる、ドアを開けてくれる・・・ そんなことが韓国人男性のイメージならば、う~んどうなんだろう(笑 私が今までお付き合いした日本人男性も、そういうことをしてくれる方たちだったので 私には韓国人男性と、日本人男性の違いは感じていないのかもしれません。 日本人男性もとっても優しくて素敵だと思います。 ただ少し違うのは、「夢の中に出てきてね~」など、使う言葉のチョイスが違います。 7歳年下の彼は、「君」づけで呼ばれたくないみたいで、呼び捨てか、「ダーリン」と呼んで欲しいとリクエストがありました(笑

韓国人の彼氏!ここが最高!!な所を教えてください!

世間で言われてるほど、私はあまり違いを感じないんです。 先ほどもお話ししたように、日本人男性も素敵ですから・・・。

日韓恋愛をしていて、大変だな~と思うところ

大変なことはあまりないのですが、やはり言葉の伝え方に気を付けています。 彼は日常会話には困らないくらい日本語堪能なのです が、やはり伝わらないこともあります。 彼に理解してもらえるように説明したり、大事な事を話す時はLINEではなく、電話か会った時に話し合うようにしています。 それから、なにかあると「文化が違う」とか、「日本人はこうだから、韓国人はこうだから」って言ってしまいがちですが もう細かいことは気にしない(笑 こちらが思っているように、相手も思っているはず。 お互い好きになったんだから、相手のことを受け入れる努力をしていきたいと思っています。 と言っても、ついつい喧嘩になることもあるので、私も反省することが多々ありますが。

一日、何回くらい連絡を取り合いますか?

5~6回です。

悩みはありますか?日韓恋愛されている方にアドバイスなどありますか?

やはり遠距離なので、すぐに会えない寂しさはあります。 でもそれは最初から分かっていたこと。 会えない時間は、彼だけではなく、自分の時間・お友達との時間を充実させると良いと思います。 それで彼と会った時は、思いっきり愛情表現をして、たくさん甘えて。 自分が経験して思うのは、近くにいても遠くにいても上手くいく人はいくと思うんです。 離れていても、相手を思いやる気持ちを持つことを心がけ、 「身体は遠くても心は近くにいる・・・」 そんな関係でいられたらいいですね。

彼の好きなところ

精神的にとても大人なので、年の差をあまり感じないんで す。 そして「うんうん」となだめて話を聞いてくれるので、癒されるんです。 喧嘩をしても大人な対応の彼に比べ、私は子供みたいで(笑 そして、私が適当に椅子に置いた服を、何も言わずにハンガーにかけてくれたりとか、さりげない行動に彼の思いやりを感じます。 言葉より行動の方が、より彼の思いを感じることができます。

彼に一言お願いします!

私を好きになってくれてありがとう。 とっても幸せです♥

※情報掲載につきましては細心の注意を払っておりますが、当サイトの閲覧、ご利用によりユーザー様に生じたトラブルに対して、当運営事務局は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。

ブロガープロフィール

名前:uja   ブログ: ☆*:.天使にラブソングを.:*☆

元気でパワフルなウジャさんは、美BODYと美肌の持ち主で、まさにインナービューティーの達人!ただ綺麗だけでなく、健康美を目指し「美の基本は内側!」をモットーとして、年相応の女性らしさを忘れず、ポジティブオーラー満載。ウジャさんのインナービューティー論は、シンプルながら効くエッセンスが詰まっていて必見です。 他にもこんな記事を書いています!

ページの先頭へ▲