釜山国際映画祭女優ビューティー

busanfilmfes

去る10月1日に開幕した第20回釜山国際映画祭の中の女優はキュートなバルーンドレスからセクシーコードを狙撃するシースルーまで、様々な素材やパターン、カラーが授賞式を染めた。果敢な露出は、昨年に続いて今年も見ることができなかった。釜山を輝かせた女優レッドカーペットドレス、メイクアップ、ヘアスタイルを専門家が分析!

2015レッドカーペットのトレンドは「NORMCORE」

専門家は、今回の釜山国際映画祭の中の女優スタイルのキー​​ワードを「NORMCORE」と伝えた。「NORMCORE」は、ノーマル(normal)とハードコア(hardcore)合成語で、普通のリアル・ウェイルックを追求するという意味である。

  • キム・ユジョン ギム・ゴウン
busanfilmfes1

キム・ユジョン・ギム・ゴウン

キム・ユジョンとギム・ゴウンはブラウン系セミスモーキーメイクと眉毛きめをいかしたナチュラルブロウだけで女優力を十分に魅せていました。

女優メイクはニュートラル系ブラウンベージュやコーラルなど彩度が高くない落ち着いたリップメイクとアイメイクが主流

ファッション界に入って近づいたシースルー熱風が女優のファッションビューティートレンド「NORMCORE」トレンドとして定着。これらのトレンドは、リアル・ウェイルックで十分センスよく使えます。

 ベストドレッサーはブラックVSホワイトVSレッド

2015釜山国際映画祭で最も洗練された、ベストドレッサースタイリングはハ・ジウォン、ソン・イェジン、タンウェイです!

  • ハ・ジウォン×ブラック

busanfilmfes2

ハ・ジウォンは褐色の輝く肌と眉を色濃く生かした半スモーキーメーキャップで、胸の谷間ドレスで健康美を強調したスタイリングを完成。今回の映画祭で多くの女優が本来の肌のトーンで、より豪華に見せたスタイルと差別化していました。

ハ・ジウォンはオレンジブラウンカラーをアイメイク全般に使って濃厚な目鼻立ちを強調した。濃く厚い眉毛とヘアスタイルでマニッシュさとセクシーさの調和を成したことで、ひときわ目立つ存在に。

  • ソン・イェジン×ホワイト

busanfilmfes3

授賞式で最も賞賛を受けたホワイト女神ソン・イェジンは、白のロングドレスを着て優雅な魅力を精一杯誇った。特にドレスの抜本的な上半身切開ラインはソン・イェジンの華奢な肩のラインとボリューム感を同時に強調した。清純さを極大化したホワイトロングドレスにボリューム感で完璧なスタイルに。

彼女は白い肌のトーンにア頬とと額に輝きを与えて柔らかさがあり、清純な雰囲気を完成させた。

busanfilmfes4
飽和ドレスがメインをつなぐ映画祭の中、クラシックな赤いドレスで女神に登板した女優は、タン・ウェイでした。

タン・ウェイはグロー感あるテクスチャより、パール感を活用して健康美あふれる肌を完成させていました。ここにピンク系ブラウンのアイシャドウとピンクの光コーラルカラーリップメイクに赤のドレスと全体的なトーンを似たような系列に調和させて赤の女神に登板!

 

※情報掲載につきましては細心の注意を払っておりますが、当サイトの閲覧、ご利用によりユーザー様に生じたトラブルに対して、当運営事務局は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。

ブロガープロフィール

名前:江南BeautyスタッフRINA

 他にもこんな記事を書いています!

ページの先頭へ▲